脱毛 永久

永久脱毛は永久か?

ニードル脱毛で永久脱毛

私がワキの脱毛をしたのはもう20年前です。
趣味が水泳なのでワキの無駄毛を脱毛したくて、姉の知人だったエステティシャンに聞くと、当時の料金は毛量によって20〜50万円ほどだと言われました。
私にとっては高額で一時はあきらめたのですが、数年後エステティックサロン受付の転職が決まり、
幸いなことに社員割引がきくので、思い切って脱毛することにしました。
今はほとんど行われていないようですが、ニードル脱毛だったため処理には結構な痛みがありました。
でも「これで無駄毛から解放されるなら!」という必死の思いで施術に耐えたのです。

 

毛量としては平均的(多くもなく少なくもなく)だったことから金額は社員割引で20万円ほど、期間は約2年で自己処理が不要になりました。
一本一本の毛根にニードルを挿入するという高度な技術が必要なので、施術してくれたエステティシャンに感謝しています。
そして、20年経った今でもワキはキレイです。
プールや銭湯、夏のノースリーブも全く気にせず過ごしてきました。
だから一生ものを20万円で手に入れられたことは安かったかもしれません。
現在主流のフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の効果は知らないのですが、自分の経験からニードル脱毛での永久脱毛は可能だと言えます。

脱毛施術の種類や違い

女性の場合は日頃のムダ毛の自己処理で苦労されている方も多いと思いますが、脱毛サロンやクリニックへ脱毛に通うことで面倒な処理の手間を省けるようになります。
脱毛にも種類があって、医療レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛などがありますが、それぞれ効果や施術にかかる時間などが異なります。
脱毛の種類によってメリットやデメリットも変わってきますが、最近では脱毛サロンの光脱毛と医療クリニックのレーザー脱毛が主流になっていると思います。

 

レーザーや光脱毛が登場したことで施術する人も少なくなったニードル脱毛は、毛穴一本一本に電気針を通して処置をする方法です。
永久脱毛効果は一番高いと言われていますが、痛みが強く施術時間も長くなります。

 

レーザー脱毛や光脱毛は短い時間で施術を済ませることができることで人気を集めていますが、細かい産毛などに対して効果が薄いというデメリットもあります。
医療レーザーは医師だけが扱えるのでクリニックのみの施術です。
光脱毛はエステサロンで主流の脱毛ですが、医療レーザーよりも機械の出力が弱いという特徴があります。

更新履歴